新・あびすけ店主ブログ

あびすけ
2015年08月25日 [日常]
こんにちは。あびすけの店主の高橋です。

いつものように断っておきますが、このブログの内容は全てフィクションです。

また、このブログの文章の著作権は全てあびすけの店主に帰属するものであり、転載や引用は一切お断りいたします。



今日は大サービスで、もう1つ書きますかね。

麻布十番祭りに行った際、気になるラーメン屋さんを見つけまして、入ってみました。

一応断っておきますけど、麻布十番にあるラーメン屋さんとは言っておりません。

麻布十番にあるのかないのか知りませんが、麻布十番祭りに行った際に、気になったラーメン屋さんです。

このへんのところを、勘違いや詮索があると困りますので…



ここ1、2年、鶏白湯が非常に気になっています。

「白湯」といっても、一般的に使われる「さゆ」(単なるお湯の意味)という読み方ではなく、ラーメン業界ではこれを「パイタン」と読むことが多いです。

よって、「鶏白湯」は「とりさゆ」ではなく、「とりぱいたん」と読みます。

鶏を徹底的に煮込んで、白く乳化させたスープのことです。

その鶏白湯スープですが、非常によくできた業務用スープが出回っているため、鶏白湯を見かける度に

「ここもクックピットかな?」

と確認したくなってしまうのです。

クックピット株式会社という会社さんの鶏白湯スープが、とても多くの鶏白湯ラーメンのお店で使われているのです。

さてさて、今回利用させてもらったお店さんはどうでしょうか。

食券を購入した後、店内のカウンター席に案内されました。

席について、厨房に目をやります。





個別包装されたスープが、普通に寸胴の上に積んでありますね…

ここまで包み隠さないのは、逆に潔くて気持ちがいいです。

店内のメニュー表には、「九州産の鶏」を使っていることが書かれていました。

となると、提供されたラーメンスープは、、、

果たして、例の鶏白湯スープでありました。

にしても、クックピットさんの鶏白湯スープを使うお店、本当に増えましたよね。

私は、濃厚な鶏白湯のお店で

●鹿児島産の鶏

●桜島鶏

●九州産の鶏

なんていう言葉を目にしたら、

「クックピットなんだろうなぁ」

と思うことにしています。

(※あくまで私感です。そうだと断言するものではありません。)

しかもこの鶏白湯、普通にちゃんとおいしいんですよね。

中央区のお店さんなんて、信じられないほどの大行列でした。

一般ウケもいいんでしょうね。

今後もクックピットさんの鶏白湯が広まっていくのか、それとも例の濃厚さゆえに飽きられるのも早いのか、注目しております。

九州産・鹿児島産・桜島鶏と謳う鶏白湯は要注目ですね。

2015年08月25日 [日常]
こんにちは。あびすけの店主の高橋です。

とりあえず、いつものように断っておきますが、このブログの内容は全てフィクションです。

また、当ブログの文章の著作権はあびすけの店主に帰属するものであり、転載、引用は一切お断りいたします。



先週末に、麻布十番祭りに行ってきました。

この祭りでは、あまりにも多くの若い女の子が路地の地面に座っているため、パンチラや胸チラが嫌でも目に入ってきます。

しかしながら、そこは「理性の塊」と言われるワタクシであります。

そんなものに一切、目を呉れるわけはありません。

かと言って、お祭り気分を味わいたくて伺うほど社交的な人間でもありません。

麻布十番祭りでは、麻布十番の名店「SAVOY」さんが店頭でピザを販売しており、気軽に手早くSAVOYさんの激ウマピザを楽しめます。

そのため、麻布十番祭りと聞くと

「今年もSAVOYさんのピザを食べに行ってみるかー」

という気持ちになるのです。

そんなわけで、今年も食べてきました。

こちらが今年のピザ↓

savoy

立て続けに注文し、10分程度で3枚いただきました。

SAVOYさんのピザの特徴というと、

●外側はパリッと焼き上げながら中はモッチリとした生地。

●多めのオリーブオイル

●ビシッと効いた塩気

となるかと思われますが、お祭りの店頭販売ということもあってか、塩気がやや物足りない仕上がりでありました。

SAVOY系のピザは何度となく食べておりますが、やはり多少の味のブレがあり、店舗によっても仕上がりの傾向の違いが微妙にあります。

その中でも、この麻布十番店で2年前に食べたマリナーラが私の人生でのベストピザということもあってか、本能的に麻布十番店へ最も伺ってしまっております。

SAVOYさんのピザは本当におすすめです。

行ったことがないという方は、一度体験してみることをおすすめします。

マルゲリータにとどまらず、ぜひマリナーラも召し上がってみてください。



麻布十番祭りと言えば、テレビに出ている人を頻繁に見かけますね。

今年は滞在時間が30分ほどでしたが、二組四人の有名人を見かけました。

SAVOYの店先でピザを貪っていたところ、

「マルゲリータを一枚ください!」

という張りのある綺麗な声が聞こえてきました。

あまりにも溌剌とした声だったために、自然とそちらに目が向きました。

声の主は、TBSアナウンサー?の進藤昌子さんでありました。

お子さんと思われる女児と旦那さんと一緒でした。

「旦那さんは何をしている人なのかな?社長かな?」

と気になり検索してみたのですが、プロゴルファーなんですね。

なんとも仲睦まじい様子で、見ているこちらまで優しい気持ちになりました。



さらに、駐車場に戻る途中で、異彩を放つアフロ?ソバージュ?のヘアが目に飛び込んできました。

目を向けると、バイオリニストの葉加瀬太郎さんっぽい人が。

しかしながら、私のイメージよりだいぶ細身に感じられます。

「葉加瀬太郎さんかなぁ?にしてもイメージよりシュッとしているなぁ」

と訝りましたが、お連れの方を見て合点。

奥さまの高田万由子さんがいらっしゃいました。

高田万由子さんといえば、私が中学生のころに「平成教育委員会」という番組でお見かけした際に、

「東京大学とかいう大学には、あんなにキレイな人がいるのか。じゃあオレも東京大学とかいう大学に行くでしょ。」

と思わせてくれた方です。

25年?の時を経て、とうとう高田万由子さんをナマ拝見。





やはり、25年の歳月は残酷でありました。

2015年08月25日 [日常]
次回の続きね。



おまわりさんもさ、自転車だろうが普通のバイクだろうが、録画しとけばいいのになーと思うわけです。

そうすれば、私のような交通違反の百戦錬磨も言い訳できません。

最近は、録画機器も録画媒体も驚くほど簡素で高性能になっています。

このブログをお読みの方の中に、私と同じように現金商売をやっている方はいらっしゃるでしょうか?

そういう方たちにお聞きしたいのですが、

店内の防犯カメラはどうしていらっしゃいますか?

本体とカメラと工事費用で10万円とかするような、旧来の防犯カメラを設置していらっしゃいませんか?

よっぽどお金が有り余っているお店さんだったらいいんでしょうけど、小さいお店だったら新たに防犯カメラに1台10万円とか費用をかけるのは愚盲です。

うちでは、防犯カメラとして

ドライブレコーダー

を天井につけて常時録画しています。

ネットで探せば、ディスプレイつきのソコソコのドライブレコーダーが1万円程度で買えます。

記録媒体はマイクロSD?とかいうやつ?で64GBのものが6000円ぐらいだったかと。

家庭用の電源につなぐためのACアダプターが2500円ぐらいです。

設置は付属の両面テープでカメラを天井や壁に貼り付け、電源をつなぐだけで完了です。

素人が一人で設置できます。

記録媒体いっぱいまで録画したら、自動的に上書き録画をしてくれます。

録画した内容は、カメラについているディスプレイで即座に見ることができます。

掛かる費用は2万円未満、設置時間3分で、小さなお店であれば十分な防犯カメラが付けられます。

うちで付けているのはこんな感じね↓

防犯カメラ

ドライブレコーダーを天井に両面テープでつけて、近くの電源に繋いだだけです。

1万円ぐらいのドライブレコーダーですけど、画像は必要十分な鮮明さです。

うちみたいなやり方をするお店さん、きっと増えるだろうなぁ。

てか、ドライブレコーダを防犯カメラにしているお店さん、既に増えまくってるのかな?

このブログをお読みの方で、マネしたいという方、ぜひぜひ防犯の一助にどうぞ。

その際は、心の中で「マネさせてもらったぜ!あびすけ!」と思ってくれると嬉しいです。

あるいは、ドライブレコーダーを防犯カメラ代わりにしているお店さんを見かけたら、このブログの読者様は

「あびすけの店主のブログを参考にしたんじゃないの?」

と思っていただけると幸いです。





で。

推敲など全然せずに書いているもので、話が散らかりまくってスミマセン。

ここからが本題です。

(といっても、本題のほうが短く終わってしまいそうな気がしますが…)

最近、大阪のほうで中学1年生の男女が連れ去られちゃった事件があったでしょ。

数少ない防犯カメラの情報を頼りに、犯人の車を割り出して追跡していたようですね。

そのため、犯人逮捕まで1週間以上かかっています。

1週間はかかりすぎですよ。

先ほども書きましたが、今の時代、並レベル画質の録画システムなんて、素人でも2万円未満で設置できるのです。

こんな感じの「ドライブレコーダーに毛が生えたぐらい」の防犯カメラを、町中に設置しまくったらいいと思うんですよねー。

まぁ、こういう防犯カメラの設置というのは、プライバシーがどうのとか、基本的人権がどうのとか、憲法がどうのこうのとか、そういう話も絡んでくるということは知っています。

防犯カメラを設置しまくることを憲法の何か?法律の何か?が阻んでいるのであれば、改正しちゃえばいいと思いますよ。

国民に是非を問えば、防犯カメラを設置しまくりでも安全な社会になるほうがいいという人のほうが、圧倒的に多くなると思うんですけどねー。

反対する人なんて、よほど悪いことを企んでいる人か、左翼だけでしょう。

でさ、例えば全国すべての電柱にドライブレコーダー的な防犯カメラを設置するとか、いいと思うんですよね。

電柱だったら電源も簡単に取れますし。

全ての電柱で録画していれば、連れ去り事件とか簡単に犯人を捕まえられるでしょ。

「あの辺りで失踪した→あの近辺の電柱の防犯カメラを全て確認しろ!」

となれば、今回の大阪の事件なんて、1日か2日で犯人を捕まえられたんじゃないの?

これだけ録画していれば、犯罪の抑止にも絶大な効果ありますよ。

電柱って全国に約3300万本あるそうです。

コスト意識の高い民間にやらせれば、ちょうどいい防犯カメラを開発して設置するところまで、1台1万円でできるでしょう。

ド素人が1台2万円未満で設置できるんですから。

1万円/本×3300万本=3300億円ですよ。

ところが民間なら1万円で済むところが、行政に話を進めさせると1台10万円になったりするんですよね…

まぁ、10万円でも3兆3000億円ですよ。

電柱が無理だったら、全国すべての信号に防犯カメラを付けて常時録画するだけでも全然効果ありますよ。

全国に信号機は20万台弱あるようです。

1台1万円なら20億円です。

1台10万円で防犯カメラを付けたとしても、200億円ですよ。

Nシステムみたいな高性能なものじゃなくていいんです。

ドライブレコーダーのような簡易的に常時録画できるもので十分。

必要な時だけSDカードに記録した映像を確認する形です。

こういう録画システムをいたるところに配置すれば、警察官の数だって減らせるでしょうから、設置費用、運用費用も簡単に回収できます。

ふるさと商品券みたいなものに何千億円も税金を投入するぐらいなら、こういう防犯、安全のために税金を使ってほしいですよね…

2015年08月25日 [日常]
こんにちは。あびすけの店主の高橋です。

とりあえず、いつものように断っておきますが、このブログに書かれている内容は全てフィクションです。

また、このブログに書かれている内容の著作権はあびすけ店主に帰属するものであり、転載や引用は一切お断りいたします。



ちょっと前にも書いた気がしますが、クルマでの走行距離が年間25,000km以上という生活スタイルゆえ、交通違反っぽいことがよく起こってしまいます。

(大半は私自身の粗忽な人間性によるものかもしれませんが…)

先日も都内を走行中に、こんなことがありました。





たぶん信号が赤になるギリギリぐらいで信号を通過して、その先の赤信号で停車しました。

すると、自転車に乗ったおまわりさんがわざわざ追いかけてきて、車外からノックしてきます。

「運転手さん、今、赤信号だったでしょ?信号無視ですよ。ちょっと路肩に寄せてください。」





いい歳したおっさんが、信号無視で呼び止められたよ!

いやー、数々の交通違反を犯してきた私も、信号無視の嫌疑で警察のお世話になるのは初めてのことです。

(あくまで嫌疑ですからね。私にはその認識はありません。)

とはいえ、そこは交通違反に関して百戦錬磨の私です。

この程度では痛くもかゆくもありません。

当然のことながら反論します。

「いやー、信号無視をしたという認識は全然ないですわ。」

すると、私が信号無視した(と主張する)時の状況を、おまわりさんが紙に書いて説明し始めます。

「こういうわけで、完全に信号無視です。免許証を見せてもらえますか?」

…けっこう強引に詰問してきますね。

ですが、これぐらいで引き下がるほど、交通違反に関して初心者ではありません。

「いやいや、信号無視をしたなんて認識、全然ないですよ!」

「いいから、とりあえず免許証見せて」

「いやいや。てか、証拠あるの?こっちは徹底的に争いますよ。」

「証拠は、さっき説明したでしょ?私が見ていました。」

「いやいや、見てましたで交通違反が成立するんだったら、この世に裁判なんて要らなくなるでしょ。」

…それでも相手はなかなか引きません。

「いずれにしても、免許証をお願いします。」

「てかさ、人に身分を示せと言うんだったら、まずあなたから名乗るのが礼儀ってもんでしょ。名前とどこの警察署に所属しているのか教えてもらえます?」

…警察が強引に来たときは、まず相手の名前と所属を聞くのがいいです。

こっちもそれほどバカな人間じゃないよ、という牽制になりますので。

「●●署の●●です」

「ちょっとまって、メモるから。もう一度お願い。」

…メモを取りつつ、こちらもさらに畳み掛けます。

「とにかく、徹底的に争いますよ。どういう証拠を出してもらえるのか、楽しみにしてますよ。見てたのおまわりさん一人でしょ?」

…そんなことを言いつつ、こちらが免許証を提示しようとしたところ、相手が急に軟化し始めました。

「いや、免許証は結構です。こちらとしては、事故を起こしてもらいたくないという一心で声を掛けさせてもらったまでですので。今回は厳重注意とさせてもらいます。」





思ったよりも引くの早かったな…

まぁ、いずれにしてもこちらは信号無視をしたという認識がないわけで、証拠を示してもらわなければ納得できません。

そして、過去に数多の交通違反を犯してきた経験から、自転車のおまわりさんは状況を録画していないことを知っています。

しかも、今回はおまわりさん一人です。

録画ナシでおまわりさん一人の目撃では、証拠能力がさほど高くありません。

よって、

「徒歩または自転車のおまわりさん一人」

というケースでは、徹底的に争うのが賢明です。

これがパトカーだったりすると、確実にドライブレコーダーで録画していますので、素直に認めましょう。

白バイについてはちょっと分からないのですが、バイクは電源を取れるので録画している可能性もあるかな、と思って自分は素直に従ってますね。

普通のバイクに乗っているおまわりさんはよく分からないんですよねー。

たぶん録画していないと思うので、とりあえず争ってみるのが良いでしょう。





と、ここまでが今回書こうと思っていた話の「枕」なのですが、書き始めたら枕だけでかなり長くなってしまったので、残りは次の記事という形にしようかと思います。

たぶん、15分ぐらいで残りもアップできると思います。

では!

このページの先頭に戻る